Amazon Echo Buds 2はバグが放置されているので買わない方が良い(充電がすぐなくなる)

みなさんこんにちは、ブラックフライデーで買ったAmazon Echo Buds2がようやく届いたのでレビューします。

結論言うとバグが放置されているので今は買うべきじゃないです。

今買うべきではない理由

Echo Buds2には大きなバグが2つあります。

1、風が吹くような音がする

 

2、ケースのバッテリーがすぐに切れる

風のような音に関しては下のリンクのようにAmazonも認識していますが、1ヶ月以上放置されています。

https://jp.amazonforum.com/s/question/0D56Q0000ATVpT3SQL/%E9%A2%A8%E3%81%AE%E9%9F%B3%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AA%E9%9B%91%E9%9F%B3%E3%81%8C%E3%81%B2%E3%81%A9%E3%81%84

主な原因はEcho Budsのソフトウェアアップデートです。

コメントによるとAndroidのバージョンが10の人は問題ありませんが、それ以降は雑音が発生する状況が続いています。

 

ケースのバッテリーがすぐ切れることに関しては、初期化をすることで改善される場合があります。

初期化のやり方は https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=GGB5N78NYEN2FVQU を御覧ください。

ただし、これでも改善されない方もいるようなので、その場合はバグが修正されるまで使用できないと思って下さい。

外観、付属品、値段

外観はこんな感じで、僕はブラックにしました。

見た目は正直ちょっとダサイですね。

付属品

付属品は充電ケーブル、4種類のイヤーチップ、3種類のウィングチップも付属しています。

これは結構サービスが良いと思いました、イヤホンってイヤーチップが耳にフィットしないとノイズキャンセリングの効果も薄れてしまうので、4種類のイヤーチップの中から自分の耳にあったものを選んで使うことが出来ます。

値段

実質価格は4,382円でした。

セールでは5,980円で売っていましたが、Echoデバイスを初めて買う人には1,000円引きのクーポンがあり、更に12%のポイントバックがあったので、めっちゃ安かったですね。

Amazonが販売してるオリジナルデバイスはプライムセールとブラックフライデーの時は半額近くになるので、このタイミングで買うのがオススメです。

接続のコツ

EchoとかのAlexaデバイスを接続したことがある方なら簡単なのかもしれませんが、僕は初体験だったので説明書に書いてある接続方法がちょっと分かりにくい説明だなと思いました。

まず説明書のフタを開けて青い光になるまで待って、Alexaアプリにポップアップが出るまで待つって書いてあるんですけど、僕は5分以上待っても出ませんでした。

色々やり方を試して一番簡単にペアリングできた方法を紹介します。

スマホのBluetoothと位置情報はオンにしておきます。

 

フタを開けたらAlexaアプリを開く

 

デバイスをタップ

 

右上のプラスを押します。

 

デバイスを追加

 

Amazon Echo

 

Echo Budsがあるのでタップ

 

※注意点として、途中で出てくる設定を全て有効にしないと最初の画面に戻ります。全て言いなりになりましょう。接続ができたら設定はスキップしても大丈夫です。

 

イヤーチップのフィットテストなどもあるので、初めての方はここで設定してから使い始めたら良いと思います。

音質

音質は問題なく良いです。

めちゃくちゃこだわる人じゃなければ大多数が満足できるだろうと思いました。

特にロック系の音楽だとベースがよく聞こえます。

 

僕ギターとかベース弾くので、初期設定でベースが大きめに聞こえるのはテンション上がりました。

Alexaアプリにイコライザーもあるので、気軽に調整することが出来ます。

僕はベース1、トレブル2か3ぐらいが良い感じに聞こえるかな~と思いました。

ノイキャンの質

ノイズキャンセリングの性能は値段の割にかなり良いと思いました。

外でも使ってみたんですけど、人の話し声とか雑踏はしっかりカットされたので非常に快適でした。

全体的に低音とミドルが削られたスカスカした音に聞こえます。

 

ただ、個人的な感想なんですけど、高い音には弱いのかなと思いました。

例えば街を散歩していると、おじさん同士の会話は全く何て言っているのか分かりませんでしたが、女性の甲高い声はわりと聞こえました。

バッテリー持ちと充電時間

次はバッテリー持ちです。

バッテリー持ち

ノイズキャンセリングはオンにしてバッテリー持ちが0%になるまで使ってみました。

結果がこんな感じです。

1時間 左83% 右79%

 

2時間 左64% 右60%

 

3時間 左46% 右42%

 

4時間 左31% 右26%

 

5時間 左17% 右11%

 

6時間 左5% 右2%

 

6時間30分 左2%  右なし

この数分後に切れる

1回の充電で最大5時間、充電ケースを使えば最大15時間の音楽再生が可能。わずか15分の充電で最大2時間音楽を再生。

公式の説明によると、1回の充電で最大5時間使えるそうですが、左右ともに6時間使えました。

以前レビューしたGoogleのA-seriesよりも左右のバッテリー性能に違いはありませんし、バッテリー持ちの性能に関しては公式が控えめに説明していることもあって素晴らしく良い結果でした。

充電速度

15分 左右49%

 

30分 左右75%

0%になってから15分間充電したら、どっちも49%で30分充電したらどっちも75%になりました。

充電速度は左右で違いはありませんでした、15分充電したら2時間再生できるっていう説明も49%なので、むしろもう少し長く再生できると思います。

 

バッテリー持ちも充電速度もスペックよりも良かったので、バッテリーはとても良かったです。

ちなみに僕は安い方を買ったので非対応ですが、値段がちょっと高い方を買うとワイヤレス充電にも対応しています。

タップの精度

タップの精度は気持ちちょっと遅いかな?と思いました。

タップしてから少し間があって再生、一時停止とかが出来ます。

 

便利な機能として、Echo Budsは押す回数によって操作を割り当てることができます。

1回、2回、3回、長押しの4種類が主な操作で、これにノイズキャンセリングのオンオフや電話に出る、ミュートといった機能を結び付けられるので、自分がよく使う操作を設定しておけばいちいちスマホを触らなくても大丈夫になります。

良いところ

値段

何と言っても値段ですね。

定価は12,980円ですけど、プライムセールとかブラックフライデーなら年に数回は半額ぐらいで買えるので、このタイミングで買えば良い買い物したって思えます。

僕も買ってよかったな~と満足しております。

ノイズキャンセリングもバッテリー持ちも思ったよりはずっと性能が良かったし、特に僕もそうなんですけど、イヤホンに2~3万出すのはちょっとなって感じる方にはオススメです。

IPX4

一応防水になっているので、雨に降られても大丈夫になっています。

夏に外でイヤホン使うと結構蒸れたり汗が付かないかって心配になるんですけど、防水なら安心して使えます。

Alexa連携

Alexaが搭載されているので、対応している家電があれば遠隔操作することができます。

例えばこの時期だと帰宅途中で家が近くなってきたらエアコン入れたりすれば便利ですよね。

ただこの機能に関しては僕みたいにスマート家電を持っていない人にとっては関係ないですね。

微妙なところ

デザイン

見た目がもうちょっと洗練された感じになって欲しいですね。

デザインはAppleを見習って欲しい。

イヤーチップのフィットテストがうるさい

夜静かな時にイヤーチップのフィットテストやったらうるさかったです。

環境音楽みたいなのが流れたんですけど、びっくりして耳から外しました。

切り替える時の音もうるさい

外音コントロールを切り替える時に、ノイズキャンセリングを選択すると一瞬ボォォウワワンっていう音がするんですけ、結構うるさいです。

忘れた時にやっちゃってビックリしたので、これはマジでなんとかして欲しいです。

設定で変える方法があったらコメントで教えて下さい。

まとめ

個人的にはすごく買って良かったと思いました。

ノイズキャンセリングが思ったより性能が良かったので電車乗る時とか、苦手な人混みに行くときもこれを使っているとストレスが軽減されて良いです。

 

1日1時間ぐらいだと、こまめに充電しなくても月から金の平日の間は使えるので、そこも気に入っています。

Amazonオリジナルのデバイスは半額ぐらいになるセールも年数回開催されるので、興味がある方はぜひ買ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA